下腹の激しい痛みを引き起こす病気の一例として、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵管の病気など、様々な病名が挙げられるでしょう。
2005年(H17)年2月から新しくトクホ(特定保健用食品)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促すキャッチコピーの表示が食品メーカーの義務となっている。
バイキンやウィルスなどの病気を引き起こす病原体が呼吸とともに肺に忍び入り罹患し、肺の内部が炎症反応を示している様子を「肺炎」と呼んでいるのです。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるのでオゾン層で一部分が吸収されますが、地上に届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊させたりして、皮膚にとって悪い影響をもたらすことが明らかになっています。
杉の花粉が飛散する1月から4月の頃に、幼い子どもが体温は平熱なのにクシャミを連発したりサラサラした水っぱなが止まる気配をみせない状態だったなら、残念ながら『スギ花粉症』の恐れがあるでしょう。
こちらのサイトでは、頭皮を健やかにする方法が紹介されています。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えてタバコを吸う事・酒類・隠れ肥満などのライフスタイルの質の低下、ストレスなどによって、ことさら日本人に増加している病気だといえます。
「体脂肪率」というものは、人の体内の脂肪の占有する%であって、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪の量(kg)÷体重(weight、キログラム )×100」という数式で求めることができます。
もう永久歯の周りのエナメル質を浸食するほど時間の経ってしまった歯周病は、原則病状そのものが落ち着いたとしても、失ったエナメル質が元通りになることはまずないでしょう。
腰などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間にあってクッションに近い役目をしている椎間板(ついかんばん)という名称の柔らかい線維軟骨が突き出た様子を示しています。
最も大きな内臓である肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や肝硬変というような非常に多くの疾患の合併症を起こす恐れがあるのです。

現在、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に対抗できる免疫(抵抗力)を持っていない人々が増加傾向にあることや、自己判断のために診断が遅れることによる集団院内感染が増えていると言われています。
肝臓をいつまでも健やかにキープするには、肝臓の解毒作用が衰えないようにする、即ち、肝臓のアンチエイジング対策を開始することが有効でしょう。
緊張型頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝り、首筋の凝りに誘引される肩凝り頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強烈な痛さ」「頭が重苦しいような痛さ」と言い表される症状が特徴です。
食べ過ぎ、太り過ぎ、運動不足、遺伝、肉体的なストレス、老化など複数の誘因によって、インスリン分泌が少なくなったり、働きが悪くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発症するといわれています。
クシャミに鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の主な症状は、アレルゲンである花粉の飛散する量に追従するかのように深刻になってしまうという性質があるとわかっています。